自分自身が屏東に二年間ぐらい学生生活をしているし、恋人も屏東の出身の人なので、往復している日々に、屏東に特別な気持ちを思いしのびます。ですから、屏東が自分のセカンドホームと言えます。このために、もっと多くの人々に屏東のことを知っていて、そして、もっと屏東に面白い所を押し広めたいので、この活動を参加して、屏東の旅行産業にいっぱい手を尽くして頑張ります。
  21世紀に入って、ゆっくり暮らす(慢活)というライフスタイルが次第に人々の心に溢れています。IT産業の推進によって、忙しい生活に様々な情報が殺到されて、人間の生活がますます便利になりますが、一方、このような生活型になれない人も増えていて、楽な気持ちがだんだんなくなっています。ある映画のせりふに”どうなっても、人の心にある子供が住まれて、何もかも忘れて、思う存分楽しんでほしい"と言われました。映画と言うと、近年、台湾に“海角七号(Cape No.7)”と言う映画のおかげで、屏東にある墾丁と言う観光名所がもっと人気満々流行っている場所になります。墾丁に行って、まるで新しい国に入って、紛争がなくて、どんな忙しい人でも、周りの雰囲気によって、急ぎの呼吸も落ち着くことができます。ですから、ゆっくり暮らす(慢活)と言うイメージが湧き出ると、墾丁が一番素晴らしい観光名所と言えます。しかし、墾丁を除いて、屏東はより多い観光名所が人に印象に残されたところがあります。その中で、一番大切なキーポイントは交通ネットの有無ということです。
  ゆっくり暮らす(慢活)旅行ということは、一番大切なのは、便利な交通機関が乗せられてから、久しく期待されている観光名所に届きます。そして、そこである風土と民情をじみじみに感じられます。或いは、その場所で何もせずに、一日をのんびり過ごすことも一種の趣があります。もし、この時、観光客に安心されない交通ネットが立てられないなら、ゆっくり暮らすライフスタイルが成立できません。観光客が常に交通機関が時間通りに届けないという心配があふれていて、楽に旅行を楽しめないからです。バイクとか、車を持っている人によって大したものではありませんが、一つの都市が地元の観光産業を盛んに沸き起こるなら、何事も完全無欠が必要です

  松下幸之助がこのような話をして、"どのようにサービスをすれば、顧客に喜んでもらえるがそれを考えるのが商売の一つの基本である。”ですから、観光客が屏東にいらっしゃって、完備な交通ネットが持たれるということがわかるなら、彼らの第一印象が正面になります。残念ですが、屏東の交通ネットが完備とは言えません。いわゆる、お客を連れて、有名な観光名所を見物できるツーアバスが不完備からです。
  墾丁に届く観光バスがあるのを除いて、屏東には整えるツーアバスで観光客に一日のんびり屏東を見物する交通ネットがほとんどありません。ツーアバスがないなら、観光客が躊躇って、屏東の観光産業もそれによって妨げられます。
もし今度の活動のイメージキャラクターとして起用されるなら、一番大事にしなければならない事は観光名所を探して、時間がどのぐらい掛かるのを測って、記録します。よく皆御存じる場所を目指して、屏東駅を起点として、バイクとか、様々な観光名所に届けるバスを利用して、目的地に届きます。そうすると、時間と距離の長さは最初に知ることができます。それも観光客にとって一番大切な情報です。観光に関する本と雑誌がいっぱいありますが、車に関する地図の説明が大勢あります。
ゆっくり暮らす(慢活)という旅行は、ツーアバスが設置されるなら必ず感謝する気持ちが出ます。このために、自分が測った駅から観光名所までの時間と距離を屏東政府に提供して、将来のツーアバスが完備になるための一つの手助です。
  また、時間と距離の長さを測ってから、次の期待されるのは屏東だけ属する美食です。自分がグルメとは言えませんが、屏東のおいしいものを思いつくと、豚の足(豬腳)とか、冷やし暑さ氷(冷熱冰)とか、数え切れないほど美食がいっぱいあります。ですから、時間以外に、美食の紹介も自身が選ばれるときできること。
  ”目的地より目的がもっと大事だ”という話は自分が良く信じています。ゆっくり暮らす(慢活)の目的という気持ちを持つなら、南のパラダイスと言われる屏東は、必ず観光客の期待が満足できます。

gononone 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()