目前日期文章:201011 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要


gononone 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()


大概是工作中碰了太多的日文

gononone 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

  自分自身が屏東に二年間ぐらい学生生活をしているし、恋人も屏東の出身の人なので、往復している日々に、屏東に特別な気持ちを思いしのびます。ですから、屏東が自分のセカンドホームと言えます。このために、もっと多くの人々に屏東のことを知っていて、そして、もっと屏東に面白い所を押し広めたいので、この活動を参加して、屏東の旅行産業にいっぱい手を尽くして頑張ります。
  21世紀に入って、ゆっくり暮らす(慢活)というライフスタイルが次第に人々の心に溢れています。IT産業の推進によって、忙しい生活に様々な情報が殺到されて、人間の生活がますます便利になりますが、一方、このような生活型になれない人も増えていて、楽な気持ちがだんだんなくなっています。ある映画のせりふに”どうなっても、人の心にある子供が住まれて、何もかも忘れて、思う存分楽しんでほしい"と言われました。映画と言うと、近年、台湾に“海角七号(Cape No.7)”と言う映画のおかげで、屏東にある墾丁と言う観光名所がもっと人気満々流行っている場所になります。墾丁に行って、まるで新しい国に入って、紛争がなくて、どんな忙しい人でも、周りの雰囲気によって、急ぎの呼吸も落ち着くことができます。ですから、ゆっくり暮らす(慢活)と言うイメージが湧き出ると、墾丁が一番素晴らしい観光名所と言えます。しかし、墾丁を除いて、屏東はより多い観光名所が人に印象に残されたところがあります。その中で、一番大切なキーポイントは交通ネットの有無ということです。

gononone 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()